コールセンター:21-54560107

   企業の発展とともに、製品の競爭力や品質を保証するために、弊社は研究開発センターを開設しています。當センターには、専門家及び非常勤教授が15人、博士が5人、院生が20人、高級エンジニア8人、他スタッフも短大以上の多種にわたっての學歴を持ち、専門的で、適材適所の配置良い研究開発チームと言えます。當センターの器械、器具類も高性能かつ整備されており、基礎的條件を備えています。醫學設備、3Dプリンター、特殊加工機械及び各種の検査、検定設備を備え。また、上海交通大學、復旦大學、同済大學、上海理工大學、華東理工大學、瑞金病院、仁済病院、腫瘤病院と中科院材料研究所などの何十箇所かの國內の科學研究院及び病院と研究又は技術などの提攜と交流をもっています。

   當センターは企業の戦略に従い“醫療のプラットフォームの創生を強化し、生産の核心技術を育成することにあります。

醫療機器製造の社會市場にサービスを提供するために、器械の技術工程の合理化、また改善し、國內と國外の市場ニーズを狙って端末の顧客の価値を注目する。

圖文展示
   ——

    當センターの目標は獨自の技術特許を取得し、國又は業界の器械標準になり、自己の知的財産を持ち、資金を獨立に運営できる會社內の研究開発センターとし、さらに一流の穿刺関連の研究開発機構を目指し、國家級企業研究開発機関として君臨していくことにあります。

研究開発センターは現在、次のように展開しています。

國內と國外の市場の潛在要求に合わせて良質、先端、利益が高い醫療器械を開発する。

さらに既存の醫療器械を改善し器械の科技レベルと競爭力を高める

顧客に完璧なサービスを提供するために、科學研究と市場、センターと顧客が密接した共同體を設立する。

研究開発センターは國內と國外の市場の潛在要求に合わせて良質、先端、利益が高い醫療器械を開発できる

次は既存の醫療器械を改善し器械の科技レベルと競爭力を高める

顧客に完璧なサービスを提供するために、科學研究と市場、センターと顧客が密接した共同體を設立する。